オープンキャンパス 資料請求
ページトップ
> ブログ > 介護福祉学科2年生 障がいに応じた生活支援技術

ブログ Blog

介護福祉学科2年生 障がいに応じた生活支援技術

実習Ⅱの1回目の実習が終わり、2年生は通常の授業に戻りました。

 

今回は、障がいに応じた生活支援技術として、視覚に障がいのある方への

支援について学びました。

 

視覚からの情報が得られないため、言葉だけで正しく伝えることは難しいですね。

 

ガイドヘルプについても学びました。

 

視覚からの情報がないことで、普段見慣れている校舎内でもどこを歩いているのか

わからないようでした。

 

体験後の感想として、

「エレベーターに乗るときに足元の隙間から風を感じた」

「周囲の状況を説明してもらっても、どこを歩いているか

イメージがつかなかった」

など、普段の学校生活では感じることのできない体験をすることで、

視覚に障がいのある方々の大変さを知るとともに、安心して生活

していただくための支援について考える授業でした。

 

介護福祉学科