看護師、言語聴覚士、臨床工学技士、救急救命士、介護福祉士になるなら。

(平成29年4月 国際メディカルテクノロジー専門学校より校名変更予定)

国際メディカルテクノロジー専門学校

i-medical 国際医療看護福祉大学校 HOME  ›  入学情報  ›  その他学費サポート制度

入学情報

Enrollment information

その他学費サポート制度

日本学生支援機構 奨学金制度 ※貸与開始は入学後となります。

本校は、日本学生支援機構奨学金制度適用校となっておりますので、ご希望の方はご活用ください。
日本学生支援機構の奨学金は、貸与奨学金で経済的理由により就学が困難である優れた学生に対し貸与されます。奨学金貸与終了後は、返還の義務が生じ、毎月決められた金額を返還していただくことになります。申し込みの際は、家庭の経済状況やあなたの人生・生活設計に基づき、十分考慮の上で申し込みをしてください。

予約採用(国際医療看護福祉大学校入学前)

事前予約制度 日本学生支援機構では専門学校等に進学を予定している人を対象に奨学生予約採用の募集を行っています。
(1)高校等に在学している方、または高校等を卒業して2年以内の方は在学している高校等または出身校を通じての申込みになります。例年4~5月頃の募集となっておりますが、募集回数や締切時期は学校によって異なりますので、在学する学校または出身校に必ず確認し、募集時期を逃さないよう注意してください。詳しくは、通われている(卒業された)学校へお問い合わせください。
(2)高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定合格者)の合格者、科目合格者または受験手続を終えた方は直接、日本学生支援機構へお問合せ(申し込み)ください。
なお日本学生支援機構の奨学金は進学前に降り込まれることはありません。入学金等には利用できませんのでご注意ください。
http://www.jasso.go.jp

在学採用(国際医療看護福祉大学校入学後)

  第一種奨学金(無利子貸与) 第二種奨学金(有利子貸与 年3%上限)
申込先 国際医療看護福祉大学校
申込資格 日本学生支援機構で定められている基準を満たす者。
これまでに専修学校(専門課程)の奨学金を借りたことのある人は、申し込むことができない場合や貸与期間が制限される場合があります。また、外国籍の方は国際医療看護福祉大学校に相談してください。その他、詳しくは国際医療看護福祉大学校の奨学金担当者までお問い合せください。
募集時期 春(例年5月)
学力基準 1年次 (1)高等学校最終2カ年または専修学校高等課程最終2カ年の成績が3.2以上
(2)高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記(1)に準ずると在学する学校長から認められる者

(1)出身学校または在籍する学校における成績が平均水準以上と認められる者
(2)特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる者

(3)学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
(4)高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる者

2年次以上 3)本人の属する学科の上位1/3以内の者
家計基準(目安) 日本学生支援機構で定められている以下の家計基準(目安)以下であること
通学形態 給与所得 給与所得以外
自宅 801万円 369万円
自宅外 846万円 414万円
通学形態 給与所得 給与所得以外
自宅 1,144万円 712万円
自宅外 1,189万円 757万円
上記家計基準は、家族構成:4人 内訳:父、母、本人、弟妹1人(公立高校生)
与所得世帯については、主として家計を支えている人(父)が給与収入で、その他に家計を支えている人(母)が無職無収入の場合を想定したものとなります。
収入に関する提出書類
●給与所得者…源泉徴収票
●給与所得以外…確定申告書(控)
※税務署の受付印のない場合は、所得証明書も提出してください。
※その他の提出書類については学校の指示に従ってください。
※父・母それぞれ提出。所得が無い場合でも、非課税証明書が必要となります。

貸与金額・返済について(3年制課程の例)

詳細はご自分の高校または、本校までお問合せください。

区分 第一種奨学金 ※無利子(36回貸与例)
自宅・自宅外通学 自宅通学 自宅外通学
貸与月額 30,000円 53,000円 60,000円
貸与総額 1,080,000円 1,908,000円 2,160,000円
返還総額 1,080,000円 1,908,000円 2,160,000円
返済回収目安 144回
(12年)
156回
(13年)
168回
(14年)
月賦金額目安 7,500円 12,230円 12,857円
区分 第二種奨学金 ※有利子(36回貸与例)月額3・5・8・10・12万円から選択できます。
※返済総額利率実績2%で貸与されたものとして計算しています。
貸与月額 30,000円 50,000円 80,000円 100,000円 120,000円
貸与総額 1,080,000円 1,800,000円 2,880,000円 3,600,000円 4,320,000円
返還総額 1,226,000円 2,063,211円 3,395,873円 4,406,055円 5,287,243円
返済回収目安 144回
(12年)
156回
(13年)
192回
(16年)
1240回
(20年)
240回
(20年)
月賦金額目安 8,515円 13,225円 17,687円 18,358円 22,030円

入学時特別増額貸与奨学金

●日本政策金融公庫「国の教育ローン」を申し込んで貸与を受けることができなかった方が対象となります。
●貸与額は10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択できます。
●入学時特別増額貸与奨学金だけを受け取ることはできません。
●貸与金利は基本月額に係る利率に0.2%上乗せされます。

給付型奨学金【新制度】がスタートします!!

高等学校等において優れた生徒であって、進学の目的及び意志が明確であるにもかかわらず、経済的理由により進学が困難な生徒に対して、返還の必要のない給付奨学金を交付することにより、進学を後押しすることを目的としたものです。

給付月額 自宅通学:30,000円/自宅外通学:40,000円
対象者 2018年に大学、短期大学、高等専門学校(4年次)、または専修学校(専門課程)に進学(又は進級)を予定している非課税世帯の人、または、児童養護施設退所者等社会的養護が必要な人。
応募基準 家計基準 ・家庭支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)が住民税非課税であること。
・児童養護施設退所者等社会的養護が必要な人は、18歳時点で施設等に入所していた(いる)こと。
学力・資質基準 具体的な基準は、機構から提示するガイドラインを踏まえて各高等学校等が定めます。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

※入学前の納入金からご利用可能です。

専門学校などに進学する人の保護者や本人に融資されます。「教育一般貸付」「郵貯貸付」があり、それぞれ条件は違いますが、年1.81%の固定金利(平成29年4月3日現在)です。融資対象となるのは、入学金や学費はもちろんのこと、下記のような費用
●学校納付金(入学金、授業料など)
●受験にかかった費用(受験料、交通費、宿泊費など)
●アパート、マンションの敷金、家賃など
●教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、学生の修学旅行費用、国民年金保険料など
※今後1年間に必要となる費用がご融資の対象となります。

融資金額 学生・生徒お1人につき350万円以内
融資利率 年1.81%の固定金利(平成29年4月3日現在)
(母子家庭または世帯収入200万円(所得122万円)以内の方は年1.41%)
融資資格 ●本校に入学・在学される方の保護者で、次表の年間収入(所得)以内の方。
世帯の年度収入(所得)には、世帯主のほか、配偶者等の収入(所得)も含まれます。
子どもの人数※注1 給与所得者 事業所得者
1人 790万円 590万円
2人 890万円 680万円
3人 990万円 770万円
4人 1,090万円 870万円
5人 1,190万円 970万円

●世帯の年間収入が990万円(所得770万円)以内であって、次の特例要件のいずれかに該当する方。
【特例条件】
(1)勤続(営業)年数が3年未満
(2)居住年数が1年未満
(3)世帯のいずれかの方が自宅外通学(予定)者
(4)借入申込人またはその配偶者が単身赴任
(5)ご親族などに要介護(要支援)認定を受けている方がおり、その介護に関する費用を負担
(6)返済負担金(借入申込人の借入年間返済額/年収)が30%超

必要書類 借入申込書・所得証明書・住民票・使途証明書・在学証明書・本人確認のできる書類
返済期間 15年以内(交通遺児家庭、母子家庭または世帯年収200万円(所得122万円)以内の方は18年以内)
返済方法 ◎毎月元利均等返済 ◎元金据置可 ◎ボーナス月増額返済(ご融資額の2分の1以内)可
保証人 (公財)教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人
返済例 【在学中から元金を返済する場合】
●毎月金利均等返済(毎月の返済額が一定です)
ご融資額 ご返済期間 毎月のご返済額
300万円 5年(59回払) 53,200円
10年(119回払) 27,600円
15年(179回払) 19,200円
200万円 5年(59回払) 35,500円
10年(119回払) 18,400円
15年(179回払) 12,800円
100万円 5年(59回払) 17,800円
10年(119回払) 9,200円
15年(179回払) 6,400円
●ボーナス月増額返済(ボーナス返済分をご融資額の1/2とした場合です)
ご融資額 ご返済期間 毎月のご返済額 ボーナス月のご返済額
300万円 5年(59回払) 26,600円 183,500円
10年(119回払) 13,800円 95,800円
15年(179回払) 9,600円 66,700円
200万円 5年(59回払) 17,800円 122,400円
10年(119回払) 9,200円 63,900円
15年(179回払) 6,400円 44,500円
100万円 5年(59回払) 8,900円 61,200円
10年(119回払) 4,600円 32,000円
15年(179回払) 3,200円 22,300円
【在学中は、利息のみをお支払いの場合(卒業後に元金を返済する場合)】
【100万円借入の場合】
返済期間/10年間(うち元金据置期間/2年)在学中は毎月1,600円を支払います。
→卒業後毎月11,200円を支払います。(卒業後から元金の支払いを開始します。)
※年1.81%の利率でボーナス返済分なしで計算した返済例です。
※ご返済額はご希望ご返済期間等により異なります。
※ボーナス月増額返済のボーナス返済分は最大で融資額の1/2です。
取扱期間 1年を通して常時可能。入学費用は合格前に申込可能
申込先 ●日本政策金融公庫 国民生活事業(0570-008-656)の各支店(全国152店舗)
●インターネット
●最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協)でもお取り扱いしています

※据置期間/在学期間以内で元金のご返済を据置くこと。利息のみのご返済ができます。

学費・奨学金等に関するご相談は、随時受付しております。ご質問・ご相談のある方は、お気軽にお問合せください。(TEL 924-973-5679)

■学科のご案内

看護学科

病気や障害を持つ人々の援助、予防、健康教育、診療補助などを行う医療従事者です。

言語聴覚士科

視聴覚障害のある方に対するリハビリテーションの専門技術を身につけます。

救急救命士科

救急現場から医療機関までの間に傷病者を救命するための医療処置を行う専門職です。

臨床工学技士科

医療チームの一員として、医学と工学の両分野の専門知識・技術を身につけます。

介護福祉学科

加齢や障がいなどで日常生活を営むことが困難な人々を支える高度な技術を習得します。

職業実践専門課程

より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組んでいることが認められました。

【社会福祉科通信課程で資格を取ることができます】

  • 社会福祉士養成 通信課程
  • 准看護師から看護師への資格を目指します。看護学科通信課程