看護師、言語聴覚士、臨床工学技士、救急救命士、介護福祉士になるなら。

(平成29年4月 国際メディカルテクノロジー専門学校より校名変更予定)

国際メディカルテクノロジー専門学校

i-medical 国際医療看護福祉大学校 HOME  ›  高校生の皆様へ

高校生の皆様へ

To high school students

学校長あいさつ

学校長 佐藤 本実の写真
  • 学校長 佐藤 本実

先進医療・福祉や地域医療・福祉
双方の医療現場で活躍できる
医療・福祉従事者を育成します。

本校は、平成14年の開校以来、数多くの卒業生を輩出してまいりました。現在、医療・福祉の現場で活躍している卒業生こそが、本校で取り組んでいる実践教育の成果であり、もっとも誇れる実績です。
そして、平成26年度には看護学科、言語聴覚士科、臨床工学技士科、救急救命士科が、平成27年度には介護福祉学科が、全国でも数少ない「職業実践専門課程」に文部科学大臣より認定されたことは本校が培ってきた実践教育の証明といえます。
これからの医療・福祉は、科学や技術の進歩やサービスの多様化により大きく様変わりし、国民の医療・福祉に対する意識は、安全・安心の重視とともに、質の向上をより重視する方向へ転換してきています。
そこで本校は「未来の医療、福祉を学ぶ」ことを実践教育に取り入れ、これまで以上に質の高い教育を提供することを約束し、平成29年4月より「国際医療看護福祉大学校」へ校名を変更し、さらなる進化と発展を目指します。
先進医療を支えるための深い知識と確かな技術、地域医療・福祉を守るための豊かな「人間力」「社会人基礎力」を身に付け、ぜひ本校で、医療・福祉従事者への第一歩を踏み出してください。
本校では、教職員一同、皆さんの夢を全力でサポートします。

慈愛・創造・進取

目標

建学の精神

21世紀社会を担う医療人として、ヒューマニズム精神と、医療・福祉の革新性・多様性への対応力、および豊かな国際感覚を身に付けた活力ある人材の育成を理念とします。
本学は、地域社会、医療福祉社会に奉仕するとともに、国際社会の発展に寄与するものであります。

教育方針

●幅広い教養と豊かな感性を持ち、生命の尊厳について、 自らの確固たる倫理観を持った人材を育成します。
●建設的な意見を持ち、常に自主性と創造性をもって 行動しうる人材を育成します。
●世界の動向を視野に入れ、国際社会で活動しうる人材を育成します。

■学科のご案内

看護学科

病気や障害を持つ人々の援助、予防、健康教育、診療補助などを行う医療従事者です。

言語聴覚士科

視聴覚障害のある方に対するリハビリテーションの専門技術を身につけます。

救急救命士科

救急現場から医療機関までの間に傷病者を救命するための医療処置を行う専門職です。

臨床工学技士科

医療チームの一員として、医学と工学の両分野の専門知識・技術を身につけます。

介護福祉学科

加齢や障がいなどで日常生活を営むことが困難な人々を支える高度な技術を習得します。

職業実践専門課程

より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組んでいることが認められました。

【社会福祉科通信課程で資格を取ることができます】

  • 社会福祉士養成 通信課程
  • 准看護師から看護師への資格を目指します。看護学科通信課程