オープンキャンパス 資料請求
ページトップ
> 職業紹介 > 精神保健福祉士

職業紹介 Work

精神保健福祉士

イメージ

精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする

精神病院や社会復帰施設、および保健所などに勤務して、精神障害者に対し、社会復帰のための手助けする。また家族の相談相手になったり、医師や看護師、作業療法士などの治療チームの調整役を務めるなどさまざまな役割を持つ。精神障害者の福祉向上のためにニーズは高まっている。

イメージ

精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士は国家資格で、国家試験の合格が必須です。国家試験の受験資格を得るステップは複数ありますが、最もオーソドックスな進路は、4年制大学福祉系学部の精神保健福祉士養成を目的とした学科・コース、または4年制専門学校で学ぶ方法です。この場合、必要な科目を履修・修得すれば、卒業と同時に国家試験の受験資格を得ることができます。2年制、3年制の短大・専門学校にも養成コースはありますが、受験資格を得るには2年制なら2年、3年制なら1年の実務経験と、さらに短期養成施設等の修了が必要になります。
このほか、指定施設で相談援助実務を4年こなした後、一般養成施設等で1年以上学んで受験資格を得る方法もあります。資格取得後、保健所や保健センターなどで働く場合は地方公務員試験を受け、合格しなければなりません。また病院や診療所、その他の民間の施設で働く場合には、個別に採用試験を受ける必要があります。

精神保健福祉士になるためのながれ

精神保健福祉士に求められる人物は?適性を知る

精神障がいのある人たちにはさまざまな背景があり、それぞれ複雑な思いを抱えています。そのため、精神保健福祉士には一人ひとりの話に耳を傾け、相手の思いを理解しようとする深いコミュニケーション能力をもつことは大前提です。そして、対象となる精神障がいのある人を取り巻く社会環境や状況にも目を向け、それを理解したうえで個人の課題や生活問題を考えられる力は、仕事を行ううえで非常に重要になります。また、サポートはじっくり時間をかけて行うことも多いので、粘り強さも求められます。

精神保健福祉士の必要な試験と資格は?

精神保健福祉士は、社会福祉士、介護福祉士と並ぶ福祉の国家資格のひとつです。養成ルートを経て受験資格を取得し、国家試験を受験します。試験は年1回。厚生労働大臣の指定登録機関、公益財団法人社会福祉振興・試験センター(以下、試験センター)が毎年1月下旬に2日間にわたって実施しています。合格率は社会福祉士25%前後よりも高く、60%前後で推移しています。国家試験に合格して資格を取得し、試験センターで精神保健福祉士としての登録を行った者のみが精神保健福祉士を名乗ることができます。

精神保健福祉士の仕事内容

精神保健福祉士は、精神疾患により生活のしづらさを抱えている人を支える仕事です。病院では患者さんの入院から退院までの相談に乗るなど、患者さんが日常生活をスムーズに営めるように援助します。また、患者さんの家族や役所など関係機関と連絡・調整をし、社会参加や社会復帰ができるように手助けを行います。病院以外でも活躍の場は多く、地域での生活を支援する目的で相談支援や生活訓練、就労支援などを行ったり、精神保健福祉センターや保健所などで市民のメンタルヘルス啓発活動に携わったりするケースもあります。

精神保健福祉士の気になる?年収・給料・収入

雇用形態によって収入はさまざまですが、常勤職員として働く場合の給与は、ほぼ国家公務員に準じると考えればいいでしょう。基本給は安いものの、賞与や手当面で優遇されている傾向があります。ちなみに年収の平均は350~400万円ほどです。

精神保健福祉士の就職先・活躍できる場所は?

主な就職先は、医療機関では精神科病院、総合病院の精神科、精神科・心療内科クリニックなどで、行政機関では自治体、保健所、精神保健福祉センター、福祉事務所など。その他、障がい福祉サービス事業所、最近では児童養護施設、高齢者福祉施設、保護観察所、矯正施設、教育機関、企業などで働くケースも増えてきています。施設の中で心の問題を抱えた人たちをサポートするだけでなく、教育機関や企業などでメンタルヘルスに関するセミナーや研修を行ったり、相談業務を行ったりすることもあります。

【主な就職先】

  • 障害児関連施設
  • 障害者福祉施設
  • 病院
  • 保健所
  • 老人福祉施設

精神保健福祉士のやりがいを聞いてみよう

精神保健福祉士は、心の病気を抱えた一人ひとりに対して、どうすればスムーズに生活できるようになるのかを日々考え、悩みながら、深くかかわっていく仕事です。それだけに、相手との間に信頼関係が築かれていくのを実感できたときや、毎日のちょっとしたやりとりのなかで、相手の反応や行動に改善が見られたときにはやりがいを感じるようです。もちろん、自分がかかわった患者さんが、サポートの甲斐あって社会復帰できたり、それを家族に感謝してもらえたりしたときの喜びも大きいようです。

精神保健福祉士の志望動機を教えて!

精神保健福祉士という仕事は、心を病み、生活のしづらさを抱えた人の相談に乗り、さまざまな支援をする専門職です。実際に精神保健福祉士として活躍している先輩たちに聞くと、多くの人がこの仕事にかかわるきっかけとして「障がい者との出会い」を挙げます。

精神保健福祉士を目指せる学科

介護福祉学科

※看護学科、言語聴覚士科、臨床工学技士科、介護福祉士学科以外は、アイメディカルには設置されておりません。

このページの内容は「スタディサプリ 進路」より引用しています。

「スタディサプリ 進路」はこちら