看護師、言語聴覚士、臨床工学技士、救急救命士、介護福祉士になるなら。

(平成29年4月 国際メディカルテクノロジー専門学校より校名変更予定)

国際メディカルテクノロジー専門学校

i-medical 国際医療看護福祉大学校 HOME  ›  入学情報  ›  身体に障害のある方の出願について

入学情報

Enrollment information

身体に障害のある方の出願について

本校への入学を志願する方で身体に障がい(学校教育法施行令第22条の3で定める身体障がいの程度)のある方は、修学上の配慮を必要とすることがありますので、出願前にあらかじめ本校に申し出てください。なお、申し出に基づき事前相談や健康診断書の提出を求めることもありますのでご了承ください。

学校教育法施行令第22条の3の定義は以下の通りです

区分 障害の程度
視覚障害者 両眼の視力がおおむね0.3未満のもの又は視力以外の視機能障害が高度のもののうち、拡大鏡等の使用によっても通常の文字、図形等の視覚による認識が不可能又は著しく困難な程度のもの
聴覚障害者 両耳の聴力レベルがおおむね60デシベル以上のもののうち、補聴器等の使用によっても通常の話声を解することが不可能又は著しく困難な程度のもの
知的障害者 (1)知的発達の遅滞があり、他人との意思疎通が困難で日常生活を営むのに頻繁に援助を必要とする程度のもの
(2)知的発達の遅滞の程度が前号に掲げる程度に達しないもののうち、社会生活への適応が著しく困難なもの
肢体不自由者 (1)肢体不自由な状態が補助員の使用によっても歩行、筆記等日常生活における基本的動作が不可能又は困難な程度のもの
(2)肢体不自由な状態が前号に掲げる程度に達しないもののうち、常時の医学的間観察指導を必要とする程度のもの
病弱者 (1)慢性の呼吸器疾患、腎臓疾患及び神経疾患、悪性新生物その他の疾患の状態が継続して医療又は生活規制を必要とする程度のもの
(2)身体虚弱の状態が継続して生活規制を必要とする程度のもの

■学科のご案内

看護学科

病気や障害を持つ人々の援助、予防、健康教育、診療補助などを行う医療従事者です。

言語聴覚士科

視聴覚障害のある方に対するリハビリテーションの専門技術を身につけます。

救急救命士科

救急現場から医療機関までの間に傷病者を救命するための医療処置を行う専門職です。

臨床工学技士科

医療チームの一員として、医学と工学の両分野の専門知識・技術を身につけます。

介護福祉学科

加齢や障がいなどで日常生活を営むことが困難な人々を支える高度な技術を習得します。

職業実践専門課程

より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組んでいることが認められました。

【社会福祉科通信課程で資格を取ることができます】

  • 社会福祉士養成 通信課程
  • 准看護師から看護師への資格を目指します。看護学科通信課程