看護師、言語聴覚士、臨床工学技士、救急救命士、介護福祉士になるなら。

(平成29年4月 国際メディカルテクノロジー専門学校より校名変更予定)

国際メディカルテクノロジー専門学校

i-medical 国際医療看護福祉大学校 HOME  ›  学科紹介  ›  救急救命士科

救急救命士科

【3年制/男・女/定員40名】

的確な判断力と行動力を備え、傷病者並びにご家族の方に慈しみの心で対応できる救急救命士を育成します。
多発する救急要請の中で、重度重傷病者の救命や地域住民の安全・安心のため救急救命士はますます重要な存在となっています。
第一線の救急現場をしっかりと担えるよう、数多くの実習と講義を繰り返し行い、基礎から応用まで徹底的に習得できるカリキュラムを採用しています。

救急救命士科の授業風景写真
【3年制/男・女/定員40名】
TOPICS
救急救命士科の特徴
  • 他校では真似できない公務員試験対策

    本学科と他校で実施する公務員試験対策の一番の違いは「面接試験対策」です。点数として実力の向上を実感できる筆記試験とは違い、面接試験の自己評価は曖昧になりがちです。本学科では、元消防官採用担当による確かな目を持って面接試験をサポートします。

  • 質の高い救命技術が身に付く。常に現場を想定した豊富な実習!

    本学科では、1年次に様々な症例・疾患に対応した校内シミュレーション実習を実施し、2年次には屋外において災害を再現した実践的な実習を実施します。現場を想定した実習を数多く炯々ンした上で、3年次に消防署や医療機関での臨床実習に臨むことで、より質の高い知識や技術を身に付けることができます。

【めざす職業】救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし)

【職域】消防署、海上保安庁、自衛隊、 etc...

救急現場から医療機関までの間に、傷病者を救命するための医療処置を行う専門職です。

W合格システム

県内外から入学するたくさんの学生たちが一人前の救急救命士として羽ばたいていけるよう、充実したカリキュラムと経験豊富な講師陣がしっかりとバックアップしています。

救急救命士科の授業風景写真

救急救命の最先端を行くロサンゼルスにおいて、パラメディック養成所、消防署、民間救急、救急病院を見学します。救急医療の日米間の違いを認識すると同時に、最新の救急技術を学びます。

救急救命士科の授業風景写真

学生の出身地等に所在する消防署において実習を行います。実際の消防業務、救急業務を経験豊富な消防官から学びます。また、地域社会に貢献することの大切さや、その姿勢を養います。

東京大学医学部附属病院、東北大学病院、福島県立医科大学附属病院などで病院実習を行います。現場経験豊富な医師や医療スタッフの方々に直接指導してもらい、より即戦力となる人材を育成します。

東京大学、東京医科大学などで教鞭をとる経験豊富な医師や救急救命士が講義を担当します。全国トップレベルの授業を受けることができるため、最前線で活躍する救急救命士に必要な知識・技術を修得できます。

1つ1つ理解を深めながら、その先へつづく課程を目指します

STEP BY STEP

1年次 人体の構造と機能、疾患の成り立ちⅠ、薬理学など、救急救命士に必要不可欠な基礎医学分野の知識を中心に学びます。また、救急シミュレーション実習を行い、知識・技術を身に付け、傷病者を思いやる気持ちを養います。さらに、公務員対策授業を1年次より実施します。 基礎分野 心理学 倫理学 行動科学 生物学 微生物学 生化学 物理学 統計学 英語 体育実技
専門基礎分野 人体の構造と機能・疾患の成り立ちⅠ 薬理学 健康と社会保障
専門分野 救急医学概論Ⅰ 救急医学概論Ⅱ 救急症候・病態生理Ⅰ 救急症候・病態生理Ⅱ 外傷救急医学Ⅰ 外傷救急医学Ⅱ シミュレーションⅠ
その他 分野 プレゼンテーション学Ⅰ コンピュータ演習 教養Ⅰ(国語) 基礎医学総論 臨床救急医学総論
2年次 外傷救急医学、救急症候・病態生理、環境障害・急性中毒などの専門分野を学ぶと同時に、救急自動車を用いた総合的な訓練や、気管挿管、薬剤投与、静脈路確保のシミュレーションを行います。また、規律訓練を行い、集団行動の大切さ、協調性を養います。 基礎分野 疾病救急医学Ⅰ 疾病救急医学Ⅱ 疾病救急医学Ⅲ シミュレーションⅡ 環境障害・急性中毒 外傷救急医学Ⅲ 救急症候・病理生理Ⅲ
その他 分野 危機管理学 プレゼンテーション学Ⅱ 災害救急演習 国際協力概論 教養Ⅱ(数学) 教養Ⅲ(政治学) 教養Ⅳ(経済学) 教養Ⅴ(歴史)
3年次 1・2年次で学習した知識・技術を更に深めながら、救命救急センターなどの病院や消防署で実習を行い、実践力に磨きをかけます。また、公務員試験・国家試験対策として、過去問の反復学習や弱点補強の集中学習を行います。 専門基礎分野 疾患の成り立ちⅡ
専門分野 シミュレーションⅢ 病院内実習 救急車同乗実習
その他 分野 プレゼンテーション学Ⅲ 異文化論 臨床救急医学各論Ⅰ 臨床救急医学各論Ⅱ 臨床救急医学各論Ⅲ 教養Ⅵ(総合)

臨床実習

救急救命士科では、全国の医療機関と提携して3年次に病院内実習(5月から5週間)、救急車同乗実習(6月下旬から1週間)を実施しています。

[[福島県]一般財団法人 脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院(郡山) 公立大学法人 福島県立医科大学附属病院(福島市) 一般財団法人 温知会 会津中央病院(会津若松市)・財団法人 竹田綜合病院(会津若松市) いわき市立総合磐城共立病院(いわき市)
[東 北]八戸市立市民病院(青森県)・日本赤十字社 秋田赤十字病院(秋田県)・岩手県立磐井病院(岩手県)・山形県立中央病院(山形県)・東北大学病院(宮城県)
[関 東]山梨県立中央病院(山梨県)・東京大学 医学部附属病院(東京都)・東京医科大学 八王子医療センター(東京都)・埼玉医科大学国際医療センター(埼玉県)

※過去3年間受入実績 抜粋

国家試験を受けて救急救命士を目指す

※試験日は変更になる場合がございます。

W合格システム

pickup

【カリキュラム ・ピックアップ】

救急救命士科の授業風景写真

郡山市防災訓練

郡山市の防災訓練に参加し、現場の方々と一緒に救急救助活動を行い、大災害における救急救命士の役割を学びます。

救急救命士科の授業風景写真

気管挿管実習

一分一秒を争う現場で気道を確保するため、気管内にチューブを迅速かつ正確に挿入できるように訓練します。

救急救命士科の授業風景写真

静脈路確保実習

留置針を用いた静脈穿刺技術を習得し、一刻を争う病態に迅速に対応する技術と判断力を養成します。

言語視聴覚士科の授業風景写真

富士登山

日本一の山である富士山の登山に挑戦します。つらい、苦しい状況を乗り越える力や仲間と協力し合う力、強靭な体力を養うために実施しています。

救急救命士科の授業風景写真

全脊柱固定(バックボード固定)

交通事故などで神経や臓器などを損傷している傷病者の症状悪化を防ぐため全身をベルトで固定し、動かないようにするための手技。すばやく固定するための技術を身につけます。

救急救命士科の授業風景写真

車外救出法

車両事故の際、傷病者を車外へ救出するシミュレーションを実施。チームの団結力や判断力を養います。

救急救命士科の授業風景写真

災害救急演習

自然災害、人的災害時における対応力を身につけます。限られた人員、救急資器材を駆使していかに多くの方の命を救えるか考え、現場を想定して訓練を行ないます。

救急救命士科の授業風景写真

基礎実習修了式

保護者の方々や救急隊員の方、先生方に今までの訓練成果を披露し、学校での基礎実習を修了した証として一人一人にバッジが交付されます。

救急救命士科の授業風景写真

[TEACHER'S VOICE]

金見 美奈子 先生
  • 救急救命士科
  • 渡部 正宏 先生
  • 担当科目:シミュレーション

仕事をしていく中でスキルアップやキャリアアップをしていけるのが救急救命士です。

救急救命士は、現場や傷病者の状況に応じて、迅速かつ柔軟な対応が必要となる職業であるため、より多くの実践的な知識や技術が求められます。実務では、在学中に身に付けた知識や技術に加えて、現場で経験したことが、その後の活動に大きく役立てられるため、救急救命士になってからも常に自ら学習する気持ちを持ち続けて欲しいと思います。ぜひ一緒に救急救命士を目指しましょう。

[STUDENT'S VOICE]

鈴木 裕香子さん
  • 救急救命士科2年
  • 田母神 真樹さん
  • 清陵情報高校(福島県)出身

3年間で着実に国家試験と公務員試験の合格を目指せる。

消防士になるために公務員の専門学校へ進学することも検討しましたが、将来の夢を考え直した時に、自分の力で人を救う仕事に就きたいと感じて、救急救命士を目指すことを決めました。
「自宅から通える」「施設や設備が整っている」「3年間で着実に国家試験と公務員試験の合格を目指せる」という、全ての環境が整っているアイメディカルで、絶対に救急救命士になります。

【内定を決めた先輩からのメッセージ】

江尻 秀奈美さん
  • 平成27年3月 救急救命士科卒
  • 菅野 太雅さん
  • 安達高校(福島県)出身

●平成27年4月より福島市消防本部 勤務

アイメディカルへの進学を決めたのは、高い教育実績に加えて、同じ高校の先輩が地元の消防で活躍されていたり、アイメディカルの救急救命士科を卒業された方が、救急車の中で妊婦さんから胎児を取り上げたりした話を高校生の頃に聞いて、数値で表せない魅力を感じたからです。
アイメディカルでの学校生活は、常に先生方と一緒に頑張ってきた3年間だと思います。自分たちと同じくらい熱心な気持ちで、国家試験や公務員試験の対策に向けた指導していただいたお陰で、しっかりと目標を見据えながら頑張ることができ、夢を実現することができました。

鈴木 裕香子さん
  • 平成25年3月 救急救命士科卒
  • 佐藤 絢香さん
  • 小名浜高校(福島県)出身

● いわき市消防本部 常磐消防署 勤務

アイメディカルでは、特に公務員試験対策でお世話になった思い出があります。面接が苦手だったので、対策指導が始まった頃はとても不安でしたが、アイメディカルには、消防署で採用担当をされていた先生がいて、直接、本試験さながらの面接指導を受けることができたので、無事に希望していた消防本部から合格をいただくことができました。また、アイメディカルには、イベントや行事がたくさんあり、数多くの思い出を作ることができました。ぜひ皆さんも、将来の夢を目指しながら楽しい学校生活が送ってください。

■学科のご案内

看護学科

病気や障害を持つ人々の援助、予防、健康教育、診療補助などを行う医療従事者です。

言語聴覚士科

視聴覚障害のある方に対するリハビリテーションの専門技術を身につけます。

救急救命士科

救急現場から医療機関までの間に傷病者を救命するための医療処置を行う専門職です。

臨床工学技士科

医療チームの一員として、医学と工学の両分野の専門知識・技術を身につけます。

介護福祉学科

加齢や障がいなどで日常生活を営むことが困難な人々を支える高度な技術を習得します。

職業実践専門課程

より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組んでいることが認められました。

【社会福祉科通信課程で資格を取ることができます】

  • 社会福祉士養成 通信課程
  • 准看護師から看護師への資格を目指します。看護学科通信課程