看護師、言語聴覚士、臨床工学技士、救急救命士、介護福祉士になるなら。

(平成29年4月 国際メディカルテクノロジー専門学校より校名変更予定)

国際メディカルテクノロジー専門学校

i-medical 国際医療看護福祉大学校 HOME  ›  学科紹介  ›  介護福祉学科

介護福祉学科

【2年制/男・女/定員40名】

加齢や障がいなどによって日常生活を営むことが困難な人々に寄り添い、支えることができる高度な技術と専門知識を習得し、地域社会に貢献できる介護福祉の育成をめざしています。
最新施設に最先端の実習設備を完備した校舎で、豊富なキャリアを誇る講師が丁寧に指導し、あなたの夢が確かなものとなるよう、徹底してサポートいたします。

介護福祉学科の授業風景写真
【2年制/男・女/定員40名】
TOPICS
介護福祉学科の特徴
  • 快適な学習環境で学べる県内でもっとも新しい介護福祉士養成科!

    最新の施設や設備が整っており、実際の介護・福祉施設でも導入されている介護・福祉機器を完備した実習室に限らず、座学の授業で使用する教室でも快適に学習する環境が整っています。

  • 県内介護福祉士養成学科最多!最大7つの資格取得を目指せる!

    就職後の実務で活用できる多くの資格を取得することができます。そのため、介護福祉士の即戦力として活躍の場を広げることができます。

    本学科で取得可能な資格

    ●介護福祉士(国家試験) ●レクリエーション・インストラクター ●介護予防運動指導員 ●福祉住環境コーディネーター ●BLS(一次救命処置) ●コミュニケーション検定 ●Word文書処理技能認定試験

  • プロから日常生活の技術を学ぶ。学校・学科展開カリキュラム

    本校は、福島県内最大規模の専門学校グループに所属する医療・福祉系総合専門学校です。そのため、介護・福祉と密接に関わる医療の専門知識に加え、日常生活支援に関する専門知識を各業界のプロから学ぶことができ、より質の高い介護が行える専門知識を身に付けることができます。

【めざす職業】介護福祉士(かいごふくしし)

【職域】施設サービス、通所サービス、訪問サービス etc...

日常生活を営むのに支障がある方について、心身の状況に応じた介護を行い、また介護者に対して介護に関する指導を行う福祉従事者です。

2年課程の本校では最速・最短で介護福祉士国家資格をめざすカリキュラムを実施。
さらに「レクリエーションインストラクター」「BLS(一次救命処置)」「福祉住環境コーディネーター」「介護予防運動指導員」「コミュニケーション検定」「Word文書処理技能認定試験」などの資格を取得できます。

介護福祉士の授業風景写真

医療・福祉の総合専門学校である本校では、多職種の医療講師陣による専門授業も大きな特徴です。また、医療機器やシミュレーターを多数配備しており、少人数で実践的に学ぶことで、医療知識を身につけることができます。

介護福祉士の授業風景写真

1年次の国内研修では、高齢者、障害者施設を視察し、職域の理解を深めます。2年次の海外研修では、福祉先進国を訪問し、福祉・介護を取り巻く環境、国民主体の福祉、介護福祉の理念を学習します。

介護福祉士の授業風景写真

実習室のご案内

■入浴実習室

入浴実習室の写真1

入浴実習室には、介護施設にある機械(特殊)浴槽と在宅を想定した浴室を配備しています。
介護を必要とする方の環境に応じて、安全に心地よくお風呂に入れるように支援できる技術を実践的に身につけます。

入浴実習室の写真2

自宅での入浴場面を想定した入浴実習室は、ユニット型になっており自宅の浴槽を再現しています。
在宅での介護を想定し浴室への出入り・洗髪や体を洗う介助・浴槽の出入りの一連の流れを体験し学べます。

入浴実習室の写真3

機械(特殊)浴槽は、背もたれなど支えがないと座っている姿勢が保てない方や、介助しても立ち上がることができない利用者のための浴槽であり、ストレッチャーに横になったままの状態で入浴が可能です。
支援方法だけでなく実際に入浴体験を通して、安全かつ快適に入浴を支援する技術を身につけます。

■その他の実習室

入浴実習室の写真4

家政学実習室では、生活支援に必要な栄養調理や被服などの知識・技術を学びます。
調理の実習では、疾病や障がい、加齢に伴って食べることが困難になった方の食事を提供できるように、栄養・調理について基礎から身につけます。

入浴実習室の写真5

介護実習室内には和室となっている在宅実習室があります。
在宅実習室は日本家屋の特徴である畳部屋になっています。畳からの立ち上がりを支援する技術や、簡易浴槽を用いて室内での入浴介助を学びます。

入浴実習室の写真6

介護福祉士学科のあるフロアは、学校内に在宅を想定した生活空間をイメージして造られています
。廊下にもちょっとした工夫がなされています。スロープや段差を設けることで、車いすやストレッチャーの操作方法や、歩行介助の技術を学ぶことのできる環境になっています。

1つ1つ理解を深めながら、その先へつづく課程を目指します

STEP BY STEP

1年次 介護の基盤となる人間の「尊厳」「自立」について学び、利用者の個別性や生活について考える力を培います。また、生活支援に必要なコミュニケーション能力、自立に向けた日常生活支援を実践するためのボディメカニクスを身につけます。後期では臨地実習によって利用者の個別性に気づき、ニーズとは何かを考えます。利用者の状況に応じた介護の提供のために専門的な技術の習得をめざし、介護基礎論、こころとからだのしくみを根拠とした生活支援技術を身につけます。 人間と社会 人間の尊厳と自立 対人関係学 福祉社会を支える制度 基礎心理学 情報処理
介護 介護基礎論Ⅰ・Ⅱ コミュニケーション技術Ⅰ・Ⅱ 手話 家事支援技術Ⅰ・Ⅱ 日常生活支援技術Ⅰ・Ⅱ レクリエーション理論 レクリエーション活動援助法 介護過程Ⅰ 介護総合演習Ⅰ・Ⅱ 介護実習Ⅰ-(1)(実習Ⅰ) 介護実習Ⅰ-(2)(実習Ⅰ) 介護実習Ⅰ-(3)(実習Ⅰ)
こころとからだのしくみ 発達と老化の理解 認知症の理解 からだのしくみ こころとからだⅠ・Ⅱ
2年次 1年次の学びに基づき、臨地実習を中心に学習します。学習では実際に利用者を担当し、関わりを深めながらニーズを探求します。また、介護計画を立案・実施・評価の課程を経験することで、介護福祉士の生活支援について理解を深めます。後期では、介護実践の根拠性や科学性の確立をめざし、介護研究に取り組むとともに、自己の介護観を深めます。介護福祉士として必要な内容を総合的に学習します。 人間と社会 生活を支える制度 統計学 性格環境学
介護 介護基礎論Ⅲ 日常生活支援技術Ⅲ 介護予防学 介護過程Ⅱ 介護総合演習Ⅲ・Ⅳ 介護実習Ⅰ-(4)(実習Ⅰ) 介護実習Ⅱ-(1)(実習Ⅱ) 介護実習Ⅱ-(2)(実習Ⅱ)
こころとからだのしくみ 障がいの特性 障がいに応じた支援 ターミナルケア

臨地実習

介護福祉学科では、福島県内105の施設と提携して臨地実習を実施しています。

[県北]社会福祉法人コクーン・特別養護老人ホーム コクーン、社会福祉法人 恒星会・特別養護老人ホーム うつくしの丘、社会福祉法人 わたり福祉会・介護老人保健施設 はなひらの、福島中央市民医療生活協同組合・グループホーム なごみの家 [県中]社会福祉法人 南東北福祉事業団・特別養護老人ホーム 南東北ロイヤルライフ館、社会福祉法人 安積福祉会・特別養護老人ホーム カーサ・ミッレ、医療法人 慈繁会、 介護老人保健施設 慈泉の里、財団法人 太田綜合病院・介護老人保健施設 桔梗、社会福祉法人 あおぞら福祉会・障害者福祉サービス事業所 菊の里、社会福祉法人 福音会、障害者支援施設 宇津峰十字の里
[県南]社会福祉法人 福島県社会福祉事業団・特別養護老人ホーム さつき荘、医療法人 慈泉会・介護老人保健施設 ひもろぎの園
[いわき]社会福祉法人 柳愛会・特別養護老人ホーム 幸寿苑、医療法人 社団ときわ会・介護老人保健施設 小名浜ときわ苑、社会福祉法人 いわき福音協会・障害者支援施設 野の花ホーム
[会津]社会福祉法人 猪苗代福祉会・特別養護老人ホーム いなわしろホーム、社会福祉法人 天心会・特別養護老人ホーム 北原荘、医療法人 明精会・介護老人保健施設 美野里、社会福祉法人 千桜会・グループホーム ゆいの里

※順不同 抜粋

国家試験を受けて介護福祉士を目指す

[TEACHER'S VOICE]

大久保 悦美先生
  • 介護福祉学科
  • 大久保 悦美 先生
  • 担当科目:介護基礎論・介護過程など

相手を想うことで多くの楽しみややりがいを感じられることが介護福祉士の魅力です。

利用者の方の希望や要望に対して自分がどう関わっていくのかを考えながら接するのが介護福祉士の仕事だと思います。そのため、授業では、様々な現場を想像し、「何を望んで、どんな介護を必要としているのか」を考えながら学習に取り組めるように心掛けています。相手の言動や行動の一つ一つの変化を、楽しみややりがいに感じることができるという介護福祉士の魅力を一緒に感じていきましょう。

【講師紹介】

学科長:千葉智子 担当学科:日常生活支援技術・家事支援技術 など

専任講師:國分三起子 担当学科:心とからだ・医療ケア など

[STUDENT'S VOICE]

小笠原 沙織さん
  • 介護福祉学科2年
  • 小笠原 沙織さん
  • 桜の聖母学院高校出身・福島県

先生やクラスメイトと親密な関係を築きながら学校生活を送れます。

入学した頃は初めて顔を合わせる人ばかりで不安もありましたが、常に学生一人ひとりに気を配ってくれる先生方のお陰で、すぐに仲の良い友達ができて、今は学校生活がとても充実しています。将来は、自分たちに対して先生方がしてくれているように、利用者の方、一人ひとりの様子をしっかりと見ながら、小さな変化にも気付くことができる介護福祉士になれるように頑張ります。

【内定を決めた先輩からのメッセージ】

郡司 凜奈さん
  • 平成27年3月 介護福祉学科卒
  • 郡司 凜奈さん
  • 郡山萌世高校 定時制課程(福島県)出身

● 平成27年4月より社会福祉法人 いずみ福祉会 勤務

高校生の頃、聴覚に障害のある先生から手話の授業を受けて、コミュニケーションの橋渡しや生活支援のできる仕事に興味を持ち、介護福祉士を目指しました。
アイメディカルへの進学を決めた理由は、施設や設備がとてもキレイで、勉強する環境に魅力を感じたことと、第1期生として自分たちから、この学科の歴史を作っていきたいと思ったからです。
職業人や社会人として自分を成長させてくれた先生方や、一生の付き合いができると思えるクラスメイトなど、とにかく良い人と巡り会えたことがアイメディカルでの一番の思い出です。

■学科のご案内

看護学科

病気や障害を持つ人々の援助、予防、健康教育、診療補助などを行う医療従事者です。

言語聴覚士科

視聴覚障害のある方に対するリハビリテーションの専門技術を身につけます。

救急救命士科

救急現場から医療機関までの間に傷病者を救命するための医療処置を行う専門職です。

臨床工学技士科

医療チームの一員として、医学と工学の両分野の専門知識・技術を身につけます。

介護福祉学科

加齢や障がいなどで日常生活を営むことが困難な人々を支える高度な技術を習得します。

職業実践専門課程

より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組んでいることが認められました。

【社会福祉科通信課程で資格を取ることができます】

  • 社会福祉士養成 通信課程
  • 准看護師から看護師への資格を目指します。看護学科通信課程