看護師、言語聴覚士、臨床工学技士、救急救命士、介護福祉士になるなら。

(平成29年4月 国際メディカルテクノロジー専門学校より校名変更予定)

国際メディカルテクノロジー専門学校

i-medical 国際医療看護福祉大学校 HOME  ›  学科紹介  ›  看護学科

救急救命士科

【3年課程・4年制/男・女/定員40名】

あらゆる健康レベルにある患者様の看護に必要な基礎的知識・技術・態度を習得し、社会に貢献できる看護師を育成します。
実践演習を重視したカリキュラムで、現場さながらの経験を積んでいきます。
また、生命の尊厳と人権の尊重を基盤とする豊かな心を育むとともに、役割と責任を果たすことのできる人間性を培います。

看護学科の授業風景写真
【3年課程・4年制/男・女/定員40名】
TOPICS
看護学科の特徴
  • 4年間で着実に即戦力となる看護師を目指す!
  • 大学院への編入も可能となる「高度専門士」の称号!

    本学科を卒業すると、4年制大学卒業者と同等の学力を有することの証明となる「高度専門士」の称号が得られます。大学院修士課程修了が必須となる専門看護師の取得など、キャリアアップにも繋げることができます。

    ※「高度専門士」とは、文部科学省が定めた一定基準を満たす4年制課程の修了者に寄与される称号です。

【めざす職業】看護師(かんごし)

【職域】病院、診療所、訪問看護ステーション、保健所、保健センター、福祉介護系の施設、教育機関、一般企業 etc...

病気や障がいを持つ人々の日常生活の援助、さらに疾病の予防や健康の維持増進を目的とした教育、情報提供や診療する際の補助を行う医療従事者です。

看護師基礎教育の修業年限3年以上(97単位・3,000時間以上の講義・実習)の指定規則を、4年間で学ぶため、カリキュラムをしっかり学習できます。
また、総授業時間数は3,400時間と、他の3年課程に比べても充実しています。

看護学科の授業風景写真

本校は「国際協力機構(JICA)」と連携し、国際交流活動に貢献しています。
海外の看護情勢を知るとともに、日本の看護情勢を再考し、広い視野と国際的感覚を養います。

看護学科の授業風景写真

これからは「チーム医療」が必要不可欠。
本校は、他学科および他校の教職員、学生との交流を図り、看護に必要なチーム医療の一端を学ぶことができます

高度専門士は大卒の「学士」と同様、大学院の入学資格が得られ、初任給も同程度となります。
本科は所定の基準を満たしており、卒業時に「高度専門士」が付与される予定です。(申請予定)

各種ボランティア、地域イベントに積極的に参加します。
看護に必要な「奉仕の精神」や「思いやりのこころ」を育み、さらにはコミュニケーション能力を向上します。

1つ1つ理解を深めながら、その先へつづく課程を目指します

STEP BY STEP

1年次 解剖生理学や心理学など基礎的な知識を身に付けることで「人間とは何か」を追求し、人間を身体的・精神的・社会的側面を持つ総合体として捉え理解する力を養います。また、集団生活の中で自己を振り返り、他者との人間関係の在り方を学んでいきます。 基礎分野 論理学 物理学 心理学 人間関係論 社会学 教育学 倫理学
専門基礎分野 解剖生理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 栄養学 生化学 臨床薬理Ⅰ 微生物学 病理学 病態生理学Ⅰ・Ⅱ 現代医療論 公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ
専門分野Ⅰ 看護学概論 基礎看護学方法論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ 臨床看護総論 コミュニケーションⅠ 基礎看護学実習Ⅰ
専門分野Ⅱ 成人看護学概論 老年看護学概論
2年次 人間の成長発達課題を学び、各期の特徴や健康の段階、疾病や看護について理解していきます。また、相手の状況に応じた思いやりのある行動、主体性・協調性のある行動を意識した学校生活を送り、看護師として必要な人間性を育んでいきます。 基礎分野 情報科学Ⅰ 家族関係論 英語Ⅰ
専門基礎分野 臨床薬理Ⅱ 病態生理学Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ 臨床侵襲学 リハビリテーション論
専門分野Ⅰ フィジカルアセスメント 看護過程 基礎看護学実習Ⅱ
専門分野Ⅱ 成人看護学方法論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ 老年看護方法論Ⅰ・Ⅱ 小児看護学概論 小児看護学方法論Ⅰ 母性看護学概論 母性看護学方法論Ⅰ 精神看護学概論Ⅰ・Ⅱ 精神看護学方法論
総合分野 在宅看護論概論 在宅看護論方法論Ⅰ
3年次 受け持った事例に応じた看護を実践する学内実習を行い、1・2年次に学んだ知識や技術を確認していくと同時に、応用させていく能力を身に付けます。また、保健医療福祉チームの中での看護の役割についても併せて考えていきます。 基礎分野 統計学 情報科学Ⅱ カウンセリング理論 体育Ⅰ
専門基礎分野 社会福祉Ⅰ
専門分野Ⅰ コミュニケーションⅡ 看護研究の基礎Ⅰ
専門分野Ⅱ 成人看護学演習 成人看護学実習Ⅰ 老年看護学演習 老年看護学実習Ⅰ・Ⅱ 小児看護学方法論Ⅱ 小児看護学実習 小児看護学演習 母性看護学方法論Ⅱ 母性看護学演習 精神看護学演習
総合分野 在宅看護論方法論Ⅱ 在宅看護論演習
4年次 3年次までの学習に基づきながら、科学的・論理的な判断力や問題解決能力を養い、更なる看護の向上を目指します。保健医療福祉チームの一員としての責任ある行動や、国際社会の中での看護の役割や課題について深く考察しながら、自己の看護観を培います。 基礎分野 医療経営論 英語Ⅱ 体育Ⅱ
専門基礎分野 社会福祉Ⅱ 関係法規
専門分野Ⅰ 看護倫理 看護研究の基礎Ⅱ
専門分野Ⅱ 成人看護学実習Ⅱ・Ⅲ 母性看護学実習 精神看護学実習 成人看護学実習Ⅱ
総合分野 在宅看護論実習 看護管理 医療安全 災害看護 応用看護特論 看護の統合と実践実習

臨床実習

看護学科では、福島県内の医療施設と提携して看護実習を実施しています。

財団法人 太田綜合病院附属 太田西ノ内病院・財団法人 太田綜合病院附属 太田熱海病院・郡山医療生活協同組合 桑野協立病院・一般財団法人 脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院・医療法人 安積保養園 あさかホスピタル・医療法人 古川産婦人科・介護老人保健施設 啓寿園・介護老人保健施設 桜美苑・医療法人 慈久会 介護老人保健施設 明生苑・星ヶ丘訪問看護ステーション・医療法人 慈久会 谷訪問看護ステーション・医療法人 崇敬会 訪問看護ステーション さくら・福島県県中保健福祉事務所・特定非営利活動法人 郡山のびのび福祉会 のびのび学園・めばえ学園・富久山地域包括支援センター・大槻・逢瀬地域包括支援センター・日和田・西田地域包括支援センター

※順不同 抜粋

国家試験を受けて看護師を目指す

pickup

【カリキュラム ・ピックアップ】

看護学科の授業風景写真

バイタルサイン測定

脈拍、呼吸、血圧、体温という4つの生体情報を迅速かつ正確に把握するため、学生同士で何度も練習しマスターしていきます。

看護学科の授業風景写真

静脈内採血

実際の注射器や本物そっくりの腕のモデルを用いて安全に採血する方法を習得します。また、患者様の緊張を緩和する対応の仕方も学びます。

看護学科の授業風景写真

沐浴

新生児の身体の清潔を保つため、安全な沐浴の仕方を学習します。授業では、沐浴用の人形を使って実践さながらの演習をします。

看護学科の授業風景写真

在宅介護論

脳血管疾患患者や認知症患者の在宅看護における様々な場面を想定し、援助や人間関係の基本を理解し、在宅療養者の日常生活援助を学びます。

看護学科の授業風景写真

フィジカルアセスメント

身体上の健康上の問題を明らかにするために、全身の状態を系統的に把握する技術を学びます。この技術の習得には、解剖生理学での知識の習得と、日々の鍛錬が必要になります。

看護学科の授業風景写真

病態生理学

人体の各器官系統の障害における病態生理、つまり疾患の原因および状態を学習します。講義のみではなく人体模型などを活用しながら、よりリアルで分かりやすい授業が展開されます。

看護学科士の授業風景写真

老年看護学演習

高齢者への理解を深め気持ちを考えて関われるよう、高齢者疑似体験演習で加齢による身体的変化が日常生活にどのように影響を及ぼすのかを学びます。

看護学科科の授業風景写真

ナーシングセレモニー

ナイチンゲールの志とともに灯を受け継ぎ誓いをたて、これから進む看護の道しるべとし、看護師を目指す揺るぎない気持ちを新たにするセレモニーです。

看護学科科の授業風景写真

[TEACHER'S VOICE]

安田 恵子 先生
  • 看護学科
  • 安田 恵子 先生
  • 担当科目:基礎看護学方法論・フィジカルアセスメントなど

看護師は、学び続けることで、より大きなやりがいや達成感を感じられる職業です。

日々、進歩する医療や看護の現場に対応していくためには、看護師になってからも、常に新しい知識や技術を身に付けていくことが必要です。そのためにもっとも大切なのは自ら学ぶ力です。看護師としての現場での経験を活かして、学ぶ楽しさを共感しながら学習に取り組めるように、みなさんの夢をサポートしていきますので、一緒に看護師を目指していきましょう。

[STUDENT'S VOICE]

伊藤瑳恵さん
  • 看護学科2年
  • 伊藤 瑳恵さん
  • 須賀川高校出身・福島県

医療従事者になるという同じ目標を持った他学科の方との交流は貴重な経験です。

実習やボランティアなど、学科で行うものだけではなく、他の学科や姉妹校の方と一緒に参加できるイベントや行事があるというのは、他の学校では、あまり経験できない貴重なことだと思います。そうした機会を活用しながら、正確な知識と技術に加えて、看護師として働く上で、とても重要だと思うコミュニケーション能力を身に付けて、安心・安全な看護を提供できる看護師になりたいです。

【内定を決めた先輩からのメッセージ】

 阿久津 彩香さん
  • 平成27年3月 看護学科卒
  • 阿久津 彩香さん
  • 福島成蹊高校(福島県)出身

●平成27年4月より日本赤十字社 綜合病院 福島赤十字病院 勤務

看護師として働いている親戚から「看護師は小さいお子様から高齢者の方まで、様々な方の支えになれる」という話を聞いて、自分も目指そうと決めました。
在学中は、本当に看護師になれるのかと不安を感じ、弱気になっていた時期もありましたが、どんな時でも支えになってくれた先生方のお陰で、乗り切ることができました。先生方や両親には、ご面倒をお掛けしたと思いますが、この4年間で自分なりに成長することができ、無事に看護師になることができたので、これからは、恩返しの気持ちも含めて、しっかりと頑張っていきたいと思います。

深谷 なつみさん
  • 平成26年3月 看護学科卒
  • 深谷 なつみさん
  • 日大東北高校(福島県)出身

●医療法人 安積保養園 あかさホスピタル 勤務

看護師の仕事は、人の命に関わる仕事であるため、大きな責任が伴います。また、看護師になるために勉強する内容は専門的なことが多いので、不安を感じる方も多いと思います。私も、アイメディカルに入学した頃は、初めて勉強することばかりで不安でしたが、4年間という長い期間をかけて勉強することができたことと、いつでも先生方の支えがあったお陰で、無事に看護師になることができました。皆さんの周りにも、頼りになる先生方や、同じ目標に向けて一緒に頑張っているクラスメイトがいますので、諦めずに将来の夢を叶えてください。

■学科のご案内

看護学科

病気や障害を持つ人々の援助、予防、健康教育、診療補助などを行う医療従事者です。

言語聴覚士科

視聴覚障害のある方に対するリハビリテーションの専門技術を身につけます。

救急救命士科

救急現場から医療機関までの間に傷病者を救命するための医療処置を行う専門職です。

臨床工学技士科

医療チームの一員として、医学と工学の両分野の専門知識・技術を身につけます。

介護福祉学科

加齢や障がいなどで日常生活を営むことが困難な人々を支える高度な技術を習得します。

職業実践専門課程

より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組んでいることが認められました。

【社会福祉科通信課程で資格を取ることができます】

  • 社会福祉士養成 通信課程
  • 准看護師から看護師への資格を目指します。看護学科通信課程